ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 車載用オーディオの検討 | main | 最近の買い物で気がついたこと >>
2017.04.09 Sunday

最近の自分のMetal志向・その5 ( Tarja Turunen、そして現在の自分)

最近の自分のMetal志向・その5 ( Tarja Turunen、そして現在の自分)

 

前々回は「最近の自分のMetal志向・その4 ( Tarja Turunen、TarjaへのLove Letter)」として掲載をしました。

http://diary.yoshino88.com/?eid=231


その掲載をしたうち、後でよく考えてみましたら、いくつかの訂正事項がありますので、ここであげて、訂正をさせていただきます。

なお、訂正事項はそのまま前記事にも近いうちに修正して反映させたいと思います。

 

文章中盤から終盤にかけての「Tarjaの魅力とは何でしょうか。」の各項目です。

 

ぜ膣囘にありとあらゆる表情を瞬時に使い分けられること。→主観的に表情が非常に多彩で豊富である事。

Υ袷瓦覆觴膣僂任垢、髪の毛が黒く見えること。日本人の自分としては大変に重要です。→Υ袷瓦覆觴膣僂任垢、髪の毛が黒く見えること(実際はライトブラウンらしい)。日本人の自分としては大変に重要です。


追加事項

大変に無邪気でその性格がステージ上にありのまま、そのままに反映されている事。

┯朕妖な主観から、歌(声)にMUSICセラピー的な、ヒーリング効果的な要素があると思う事。

全身の力で、歌を歌っている事。

と言うところでしょうか。

 

このうちで、イ大変に重要と書きましたが、А↓┐眤臺僂暴斗廚任后

無邪気さ、要するに「すごくかわいい」です。ときめきから、たまらなく「愛おしく」なると言う事になって来る訳です。
このTarjaの無邪気さ、イ砲眥未犬討ますが、これが一番の魅力なのではないかとも感じられてきます。


┐眤臺僂暴斗廚任后0穗卒兇覆、すんなりと身体に入ってくる。そして、ある意味での心地よさ、精神的な落ち着きなど、数え切れない良い点があると思います。

自分自身、先に書いたとおり、芸能界と言うものは全く知りませんが、こう言った事は今まで聴いてきた音楽では少なくともなかった事です。

 

そして、も重要です。この姿がひたむきさを感じ、また大変に心を打つのです。

 

さて、今回は前回のあとがきでも書いたとおり、Tarjaのライブ動画の中で気に入っている動画を紹介していきたいと思います。


今現在では、Tarjaの曲の中で好きな曲、3曲をあげるとすれば、以下の通りです。

第3位:Die Alive
第2位:Love to Hate
第1位:Deliverance

と言うところです。

 

ライブ動画ばかり見て判断していますので、Tarjaの曲すべてを知っているわけではないかとも思いますし、まだまだ発掘できる曲もあるかもしれません。

また、歌詞の内容については、全てを理解しているわけでもなく、どちらかと言うとそれほど気にしていません。

 


Tarja Turunen - Deliverance (Bratislava 2014 HD Live)
https://www.youtube.com/watch?v=I8S68danuUU

一番好きな、Deliveranceです。
この動画はTarjaのアップが多く、表情を全体的に良くとらえていると思います。
そう言った意味で大変に気に入りの動画です。
2014年のライブで少し以前のではありますが…。

 


Tarja Shadow Shows 3/10 Praha 1.12.2016
https://www.youtube.com/watch?v=VnIht9P6oxQ

1曲目はEver Dream、Nightwish時代の曲です。
歌詞の内容が全てわかるわけではないですが、多分にして、明るい曲ではないんだろうなと思います。

そんな曲でもあっさりと歌い上げてしまう、そう言った意味で良いです。

Tarjaが珍しく(?)すごくきれいです。

 

2曲目は再び、一番好きな、Deliveranceです。
これもまたアップはあまりないですが、全体的にすごく良い作りになっていると思います。

願わくば、Tarjaが曲の合間にしゃべっている事がわかればなといつも思います。
「歌って20年」はわかるけど、それ以外はほとんどわからないです。
でも、何となくですが、大変に感動的です。
Tarjaの喜びは、同じく自分(私たち)の喜びでもあります。
そして、Tarjaの笑顔は、自分(私たち)の幸せでもあります。

 


Tarja Shadow Shows 5/10 Praha 1.12.2016
https://www.youtube.com/watch?v=NbUr4li-LJk

1曲目は2番目に好きな、Love to Hateです。
これも同じく作りがなかなか良いです。

2曲目はVictem of Ritual、どちらかと言うと自分好みの曲ではないですが、声が大変にきれいです。
"kill kill"(多分そう言っていると思うのですが)のところの声がすごくかわいい。

 

 

Tarja Turunen - Medley do Queen You Take my Breath Away
https://www.youtube.com/watch?v=p741pwPhk6g

Tarja Turunen - Somewhere There's A Place For Us + Don't Cry for me Argentina
https://www.youtube.com/watch?v=dogch2pKyPs

Tarja - Queen Medley / Krasnoyarsk
https://www.youtube.com/watch?v=m4QA82snAcI

Tarja Turunen - Son + How Fair This Spot + The Reign (Krasnoyarsk, Russia 08 03 2016
https://www.youtube.com/watch?v=-KvVc4W4wW8

Tarja Turunen - Witch Hunt (Krasnoyarsk, Russia 08.03.2016)
https://www.youtube.com/watch?v=jWYU9DvWJwg

Tarja Turunen - Lucid Dreamer (Krasnoyarsk, Russia 08.03.2016)
https://www.youtube.com/watch?v=8mm7pvQ3A-M

Tarja Turunen - Sleeping Sun (Krasnoyarsk, Russia 08.03.2016)
https://www.youtube.com/watch?v=NsX3K28HbC8

簡単に見つけられるだけで、7本あります。


オーケストラバックバージョンです。
Tarjaの事を特に美人ともきれいとも思った事は、特にありませんが、ある意味大変にきれいです。
そして、バックのロゴがでかくて、素晴らしいです。

オーケストラバックはまだ他にもいくつもあるのですが、最近のと言う事で上記7本をあげました。

 

 

Tarja Turunen + Mike Terrana - "Swanheart" @ Plovdiv -Beauty and the Beat concert
https://www.youtube.com/watch?v=p9yIQgAgx7A

同じく、オーケストラバックですが、Tarja、珍しく(?)凄く、たまらなく、きれいです。
一発悩殺級!!です。

 

 

Tarja Turunen - Live at Crocus City Hall, Moscow, Russia 15.03.2016
https://www.youtube.com/watch?v=S757_ygnTg0

Tarja Turunen & Kymi Sinfonietta - Live in Kouvola, Finland 19 08 2016 (Full Concert, HD 1080-50p)
https://www.youtube.com/watch?v=dvShUtzzf60

この2本はクラッシックになるのかな。
MetalのTarjaとはまた全く違った趣です。

 

 

個人的にはMetal のTarja とクラッシック、オーケストラバージョンのTarja がある訳ですが、どちらもすごく良いです。
しかし、クラッシック、オーケストラバージョンのTarjaはきれいですが、感動するところが何故かあまりないです。
どちらかと言うと、うっとりすると言う感じでしょうか。
一部には感動する曲もあるのですが・・・。
表情の変化や動きが、Metal版と比べて、少ないと言うところもそう感じる要因なのかも知れません。

 


反対にMetalのTarjaは、歌が荒れることも良くある事ですが、見ていると涙がこみ上げてくるところが結構あるんですね。
そして、Tarjaの無邪気なところ、性格的なものが良く表れていると思います。
そう言った意味と自分の音楽性も含めて、どちらかと言うと、MetalのTarjaの方が好きです。
しかし、反面、最近はクラッシックTarjaも段々好きになってきました。

 

 

Tarja en Prende y Apaga (22-08-2014)
https://www.youtube.com/watch?v=hJt6_SN0JAU

テレビ番組かな、中盤以降で、”500 Letters"+もう1曲(題名がわからない)のアコースティックバージョンを聴く事が出来ます。
歌にごまかしが効かないバージョンですが、さすがにきれいに歌い上げています。
しかし、何を喋っているのか、全然わかりません。
また、途中で食べ物が出てきますが、何を食べているのかもわからないです。
まあ、そんな事はどうでも良いのですが・・・。

 

 

Tarja - Phantom of the Opera 26/6/2016 (The Shadow Show Live in Hong Kong)
https://www.youtube.com/watch?v=nELZaXw-0lI

昨年の香港公演での”Phantom Of The Opera"です。
Tarjaがすごくかわいいです。
香港公演のこの日のこれ以外の動画を探しているのですが、今現在では見当たらないのが残念です。

 

 

Tarja Shadow Shows  Praha 1.12.2016

https://www.youtube.com/watch?v=RLEbYef4VxM&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF
https://www.youtube.com/watch?v=v89u5YAUyXc&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF&index=2
https://www.youtube.com/watch?v=VnIht9P6oxQ&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF&index=3
https://www.youtube.com/watch?v=lmkB__uYoeo&index=4&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF
https://www.youtube.com/watch?v=NbUr4li-LJk&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF&index=5
https://www.youtube.com/watch?v=PUVfgR476js&index=6&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF
https://www.youtube.com/watch?v=z3-JQpuRops&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF&index=7
https://www.youtube.com/watch?v=nFzshE-KUDM&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF&index=8
https://www.youtube.com/watch?v=aSQxmJEDm5Y&index=9&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF
https://www.youtube.com/watch?v=QgHqb6ve__g&index=10&list=PL2cMkTTbt8AgONwZeqPqbntbqQT95tfcF

2016年のプラハ(チェコスロバキア)公演でのライブ動画です。
10個に分割されてしまっているのが、不便ですが、全体的に素晴らしく良くできていると思います。
色々とライブ動画を見ていますが、このプラハのが一番気に入っています。
一部前のと重複しますが…。
Tarjaもかなりのっている、気が入っていると言った感じのする動画です。
10個の分割ファイルに関しては、うちはファイルを全て結合をして、1つのファイルで視聴しています。
ファイルサイズ、5.5GB近くになってしまっていますが…。

 

 

まだまだ良いライブ動画は多くあるのですが、キリがありませんので、これくらいにしておこうかなと思います。


You Tubeには、Tarjaのライブ動画をはじめ、数え切れないほどの動画が登録されています。
自分自身、Tarjaのライブ動画はその都度、全てファイルとして取得していますが、今現在で350本を超える状態です。

一体どれくらいの数が登録されているのか、見当もつきません。


毎日のように、発掘を重ねていますが、なかなか終わりが見えてこない状況です。

 

さて、前回は1月にどん底、そして・・・その後・・・等を書きました。
そして、今までの自分では全く考えられない、芸能人の女性歌手(更に異国の人)を好きで好きで仕方なくなってしまったと言う事も書きました。

 

自分の流儀からすると頭が狂っているか、おかしくなってしまったのではないかと言うことも書きましたが、それから数カ月、落ち着いて考えてみると、そうでもないのかなと言う感じがしてきています。

 

Tarjaを好きで好きで仕方なくなってから、全体的に何もかもがどん底の状態から、かなり良い方向へと向かっているように最近は確実に感じられます。


それは、たまたまだったのかも知れませんし、仮にTarja を知らなかったとしても、結果は同じだったかも知れませんが・・・。

以下はそれぞれの現在の状況です。

 

 

【仕事面】

 

自宅からの通勤時間、往復で4〜5時間の事業所への通勤も2月中旬には、応援勤務と言う事で、自宅から社内では一番近い事業所へと行く事になりました。


そして、また元の事業所に戻るのかと思いきや、4月1日付けでそのまま正式異動の辞令が出ました。

 

これには個人的に言うと書斎用別宅に関して、問題がないわけではないのですが、会社的には自宅から一番近い事業所への配属と言う事でいくらかは配慮したものと思われます。

 

ただ、唯一、部署移動で様々な条件から、給料が半分以下になってしまったのは、大変に痛いところです。

 

また、現在の事業所は今までの事業所とは雰囲気がかなり違い、殆ど鉄道関係の仕事であるためか、夜間勤務が多いです。

 

実際の仕事は電車のとまる、01:00〜04:30で、昼間の打ち合わせが夕方の15:00〜16:00と言う時間の縛りはあるものの、比較的上記時間以外は自由です。

 

ただ、この15:00〜16:00と言う時間の縛りが中途半端で結局はかなり長い拘束時間となってしまいますが、間の空いている時間に自宅へ戻るとか、車内で休憩するとか、買い物などをするとか、いろいろと時間を有効に使えるように工夫しています。

 

それともう一つ、大きな違いは、土曜日、日曜日、祝祭日はよほどの事がない限り、休みであり、また、有給休暇も比較的取りやすいです。

 

今まではずっと有給休暇など取れた試しがありませんでしたが、2月と3月で既に有給休暇を7日間ほど取っています。

 

事業所の雰囲気も今までの事業所の中では一番良い方ですし、自宅からは社内で一番近い場所、勤務場所も3月は自宅の最寄り駅(歩いても数分の所)でしたし、これからも予定としては、自宅からかなり近い駅の仕事が殆どではないかと考えられます。

 

こう言った面を考えても、会社の中では一番自分にとって条件の良い事業所に配属になったと言う事が言えそうです。

 

ただ、給料の面と書斎用別宅の取り扱いの件に関しては別としてですが…。

 

 

【個人面】

 

先にもここで連載した通り、「ぬれぎぬ」をかぶせられ、精神的ダメージがかなり残っていましたが、今では殆どなくなったと言ってもいいかと思います。


当時は貴重な時間を様々に大変に多く無駄にしてきましたし、色々なことで振り回されました。

 

また、精神的な圧迫も非常に大きく、一歩間違えば、一生が台無しになるところでもありました。


結果はこの場で連載した「ぬれぎぬ」の通りで、結果は良いとしても、言われのない事で、様々な事を犠牲にしてきた事には間違いありません。

 

趣味的には生きものたちの撮影行が仕事ばかりで全く時間が取れず、生きものたちに会いに行けないと言う、自分としては一番つらい時期が長く続きました。

 

また、特にこの時期は、何よりも仕事ばかりで仕事以外の事は何もできず、その結果、何もする気にならず、また、何もしようともしませんでした。

 

現在は時間的にもかなり余裕が出て来たせいいもあり、精神面でもかなり余裕が出てきたためか上記の事はかなり改善されつつある状態です。

 

そして、どん底状態の時に偶然に知った、Tarjaを好きで好きで仕方なく、たまらなく好きになってしまいました。

 

当然に自然を壊す、生きものたちを苦しめる現況となる人間を好きになるなんて、どうかしているとは一時思ったものの、今ではそうではないと言う感じもしてきました。

 

また、精神的にはどん底状態の時から比べて、大変に安定した状態になってきているとも感じられます。

 

 

【家族関係】

 

先にも書いたとおり、仕事ばかりで何も出来ず、家族とも殆どろくに話すらしないと言う時期が長く続きました。

 

また、悪循環は重なって、家族との対話も殆どなかったために、今回のどん底状態に関しては、家族には話す機会すらなく、また、家族は全く知らないところです。

 

そして、自分が思うに、この頃の家庭は完全に崩壊状況でした。

 

また、そんな中、手持ちの書籍や文献などを整理不能になってきた事から書斎用別宅を新たに借りることで、生活機能もプラスして、家族の目から離れる空間を持てた事も更に家族間の対話がなくなった大きな原因だったかもしれません。

 

書斎用別宅は純粋に手持ちの書籍・文献などを十分に整理でき、保管できる場所がほしいと言う事から借りたものであったのですが、結果的に実際はこの時期の家庭崩壊のさらなる逃げ道の様な場所となってしまった事も否めません。

 

現在では、事務所も勤務地も自宅の至近場所ばかりという状態ですので、自宅からの通勤の方がずっと楽です。


しかし、生活的な事を言うと、自分の個人的な生活機能は書斎用別宅にすべて持って行ってしまったので、自宅では不便な事が多くなっています。

 

3月に入ってからは、週末や休みには必ず、自宅へ戻るようにし、また、勤務場所が自宅の至近であることからも、勤務時間の合間などに自宅に戻る様に、つとめて自宅にいる事の出来る時間を多く取る様にしてきました。

 

その結果、ここ1年以上、ろくに話もしなかったのですが、心身ともに急に時を越えて、ずっと昔に戻ったような、そんな感じになってきました。

 

やはり、いちばん身近な、いちばん大切な人を頭で概念的にはわかっていても、本当にはわかっていなかったのです。それを気づかせてくれました。

 

実際に自宅へと戻っても良いのですが、多くの書籍・文献等を戻し、整理するのは、とても無理ですので、そのあたりをどうするかの課題が残ります。

 

書斎用別宅は生活機能もそのまま移してしまった事と契約期間の問題もありますので、そのまま残しておく形になると思います。

 

今では週末や仕事の合間の時間に出来るだけ自宅に戻り、その時間を大切にする様にしています。

 

 

【総括】

 

先にアップした、「最近の自分のMetal志向・その4 ( Tarja Turunen、TarjaへのLove Letter)」にも書いたとおりで、様々な条件が自分でもわからないくらいに複雑に絡み合って、今までの自分では全く考えられない事が起こりました。

 

生まれてこの方、全く興味のない、芸能界の女性、しかも完全に流儀に反する、異国の人、ストレートロングヘアーの自然を壊す、生きものたちを苦しめる元凶である人間を好きで好きで仕方なくなってしまったのです。

 

その頃は自分が様々な事で狂っているのか、どうかしているのではないかと言う考えが頭の片隅によぎりました。

 

しかし、今現在、ある程度落ち着いて考えてみますと、やはり間違っていなかったと思えてきました。

 

仮にTarjaを知らなかったら、現在はどうなっていたのか、それは今考えてもわかりません。

 

メインである、BLACK/DEATH/THRASH METALを追い続け、そのままなる様にしかならないと突っ走っていたかも知れないし、結果的には何も変わらなかったかも知れません。

 

しかし、少なくとも、Tarjaを好きになって、現在は上記のようにどん底から全てが良い方向へと向かっている事は間違いなく確かです。

 

そして、Tarjaの歌(声)がどん底状態の自分にとって、希望と救いであった事も間違いない事であり、これが一番重要なことです。

 

Tarjaの歌(声)には主観的にMUSIC セラピー的な要素とヒーリング効果的な要素があると最近は強く感じて来ています。


現在では、書斎用別宅で時間のある時はTarjaのライブ動画を視聴し、先にアップした通り、仕事用車両(通勤と昼休み、仕事の移動時)でもTarjaのライブ動画を視聴し、ほぼ1日Tarjaの事ばかりです。

 

しかし、残念ながら、自宅ではそうはいきませんので、あえて、Tarjaは置いておいておく様にしています。

 

最近では夢の中にもTarjaが良く出てきます。

 

寝ても覚めても、Tarjaの事ばかりで頭の中にはいつでもTarjaの事しかありません。

 

パソコンの壁紙も自宅の以外、書斎用別宅、会社、車載専用とTarjaのライブ動画からの一瞬を切り取って、ほぼ1週間に1回は貼り替えて設定をしています。


こんなことも多分、自分の一生で、「最初で最後」の事ではないか思います。

 

Tarjaには早くまた、日本に来てほしいと心から願っています。


Tarjaをじかに感じたい。この欲求と感情はとてもおさえきれません。

 

 

【結び】

 

考えてみるに、様々な条件が複雑に絡み合って、今現在の状況となっていると思われますが、それは先に掲載した中にも多く書いていますので、割愛したいと思います。

 

ただ、どん底状態であった時に偶然にも知ったのが、Tarjaで本当に良かったです。

 

仮に別の人間だったら、間違っても好きになっていたりはしなかったのかなとも思います。


いや、間違えて別の人間を好きにならなくて、良かったです。


実際、Tarjaの「かわいさ」はとても半端ではありません。
当然に表面上の「かわいさ」ではなく、自然と内面から出てくる、「かわいさ」です。
それが結果的には表情や仕草となって表面に出てくるわけですが…。

 

よく考えてみると、生まれてから今まで、これほど人間を「かわいい」と思った事はありません。


Tarja の「かわいさ」を見ていると、たまらなく「愛しくて」、涙がこみ上げてきます。そして涙が溢れてきます。

今まで人間に対して、「かわいいなあ」くらいで、このようなことは記憶にある限り全くありませんでした。


人間に対して、涙がこみ上げてくる、溢れてくるなど、とてもではないですが、考えられないし、生まれてこの方、全くなかったことです。

 

そう言ったことも含めて、Tarja の「かわいさ」はとてもではないですが、何にも比べようがないと言う事になります。

 

どこかで、『好きで好きで仕方なく・・・そこには悲しみも同居すると言う事を知りました。』と言う事を書きましたが、もしかしたら、悲しみではなく、かわいくて、たまらなく「愛おしい」、その涙だったのかも知れません。

 

今でも詳しく考えても、これだけは良くわからない事ではあるのですが・・・。


今では、Tarjaを好きになって、本当に良かったと思っています。
また、好きになったのが、Tarjaで本当に良かったと思っています。

心から、心底、今では本当にそう思っています。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album